カート

ご注文金額(0個)

小計: ¥0

鉄フライパンの使い方・お手入れ方法

ラバーゼディレクター、有元葉子「汚れは溜めない。できるだけ早く落とすのが道具をきれいに長持ちさせる秘訣です。」
(ラバーゼディレクター、有元葉子)

まいにち美味しい料理を作る為に必要なのは、良く手入れされた道具。
良い道具は、大事に末長く使って欲しい。そんな作り手の願いから、これから道具の手入れ方法を紹介していこうと企画しています。少しずつ更新していきますので、どうぞご参考になさってください。

食材のおいしさを引き出すにはやっぱり鉄フライパン!
カリッと焼く、しゃきっと炒めるのは鉄フライパンならではの仕上がりです。
でもこびりついたり、サビたりして使い方が難しそう、と考えている方も多いと思います。

ポイントを抑えれば、鉄フライパンの使い方は決して難しくありません。
使い方・お手入れ方法を一緒に見て行きましょう。いつもの料理が一味違う仕上がりになりますよ!

■取っ手が短くて鉄でできている理由

オーブンに入れて使えるように取っ手は短く鉄でできています。

オーブンに入れて使えるように取っ手は短く鉄でできています。
みんなの大好きなハンバーグはレンジで表面を焼いた後フライパンごとオーブンに入れるとふっくらジューシーで、一流シェフに負けない仕上がりになりますよ。
鍋つかみを忘れずにお使いくださいね。

■使いはじめは

中性洗剤でよく洗います。

初めて使う時は中性洗剤でよく洗って下さい。面倒な焼き入れは必要ありません。

■料理の前に

中火で十分に熱します。

中火で十分に底全体を加熱します。薄煙が上がるくらいまで加熱したら油を底全体にまわし、なじませます。
さあ、これで焼いたり炒めたり美味しいフライパン料理を始めて下さい。

■ラバーゼ鉄フライパンのお手入れ方法

お湯とたわしを使って洗います。

1.お湯とたわしを使って洗います。焼け焦げがついたらしばらく水または湯につけて汚れを落としやすくしてから、たわしでこすります。


火にかけてから焼きし、フライパンに付いた水分を完全に飛ばします。

2.汚れが取れたら火にかけてから焼きし、水分を飛ばします。熱いうちに油をキッチンペーパーで極薄く伸ばししみ込ませ、余分な油は拭き取りましょう。


この使い方を徹底すればフライパンに油がなじみ、食材のこびり付きやサビを防いてくれるようになります。
日々のお手入れで「フライパンを育てる」気持ちで使っていきましょう。

ここまでは基本の使い方。鉄フライパンを使う時に覚えておいて欲しい事はまだまだたくさんあります。
もっと詳しく知りたい方は次のページへどうぞ。

もっと鉄フライパンの事を知りたい方はこちら


有元 葉子〔料理研究家〕

企画、編集の仕事に携わった後、暮らしの中から生まれたレシピやしつらえが評判を呼び、料理本を出版するようになる。今ではライフスタイルの提唱者としても支持が厚い。旅を愛し、バイタリティある好奇心で常にアンテナをはりめぐらせている。料理を楽しむだけでなく、暮らしにまつわるサイクル全ての面から食や住空間を考える姿勢は深く、審美眼は鋭い。著作本は100冊を超える。